HOME>イチオシ情報>相談に応じてくれるブライダルサロンを探そう

決めるべき内容

神前式

結婚式にも様々なスタイルがあります。キリスト教式で執り行いたいと考えている人も多いですし、まだまだ教会で行う人が多いです。女性はウェディングドレスを着たいという場合もあるので、そうなるとキリスト教式になる、ということです。しかし中には神社で神前式で行いたいと考える人もいるでしょう。世界遺産に指定をされている神社でも執り行うことができる場合があります。その場合、関係のない観光客にも祝福をしてもらえる可能性があります。どこで行うのかなど細かいことを決めていく必要があります。その際にブライダルサロンで相談を受けてくれることもありますが、神前式の場合には対応をしていないブライダルサロンもあります。

コストのチェック

新郎新婦

神前式の場合には、キリスト教式よりも厳かな雰囲気で執り行うことが多いです。そうなると装飾なども不要になってくることが多いので、コストも抑えることができるようになります。しかし神前式を執り行う神社によっては費用が高額になっていることもあるので、注意が必要です。事前にどれくらいの出費になるのか試算をしてもらうとよいでしょう。その上で神前式にするのかどうかを決めることもできるようになるでしょう。費用の確認は重要なポイントです。

準備をするべきこと

新郎新婦

神前式は新婦も準備をしなければいけないポイントが変わってきます。キリスト教式のようにネイルに時間をかけたり、肌が露出をするウェディングドレスをキレイに着たりすることが出来るように、専門のエステに通うこともありませんが、着物での挙式になるので、着付けに時間がかかってしまう、ということがあります。着付けが完了をすると式が終了をするまで身動きも取りにくくなってしまいます。準備にかかる時間も余裕を持っておく必要があります。

広告募集中