HOME>特集>一日一組なので、落ち着いた雰囲気の中で挙式ができます

ブライダル企業との提携をしている神社

和婚

最近は、神社側も一般人の神前式の受け入れを積極的に行っています。以前は限られた人のみしか神前式を行うことができなかった格式のある神社でも、間にブライダル企業が仲介をすることによりサービスを利用することができるようになったのです。ブライダル企業が仲介役となることで、人前式からその後の披露宴への流れがスムーズになりました。新郎新婦やその家族が独自にマイクロバスを手配する必要がなくなり、全てセット価格でプランが用意されているので、好みの神社を選ぶだけで挙式を行うことができます。成約から打ち合わせ、それに当日の流れもブライダル企業が進行役を担うので、滞りなく挙式ができるのです。

一日一組でバッティングしない

男女

神前式の魅力は、一日一組となるように日程調整を行っています。そのため、他のカップルとバッティングすることがないので、気にすることなく挙式ができるという点がメリットです。日程調整は成約前に行われることになります。

当日までの簡単な流れ

和婚

神前式の簡単な流れを紹介します。事前にリハーサルを行い、手順などを確認します。全て手順を覚える必要はなく、当日はブライダル企業がお式の進行役を努めます。その後、衣装合わせと神社の下見を行い、最終確認をします。

広告募集中